青木の
勝手によくわかる
2X4講座

ARCHIVE

12

11

2015

2×4工法の最新事情 2015.12

慣れないブログに少し ”泣き”が入ってきましたので、今週は、息抜きもかねて、2×4工法の最新事情をお伝えします。

中高層ビルと聞くと最近では、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造が世間の常識ですが、来春、6階建て木造2×4工法の実験棟が茨城県つくば市建築研究所敷地内に完成します。この実験棟は、1・2階に2時間耐火の性能が必要になるのですが、今回の実験の前に2×4工法での2時間耐火実験には、成功しておりその点はクリアしています。今回の目的は、荷重増に対応する高強度耐力壁の検証になります。個人的には、今からわくわくして結果を楽しみに待っています。

30階建ビル (カナダ)世界を見渡せば、2009年にロンドンで9階建てのビルが、2010年にメルボルンで10階建てのビルが完成しており、只今、ベルゲンで14階建てのビルが工事中です。さらに、30階建ての超高層(左の画像パース)ビルがカナダで計画されています。このように書くと日本は地震大国だから、世界の他の地域とは違うとか言って馬鹿にする人がでてきますよね。あまり知られていない話ですが、つくば市の同じ研究所敷地内に、平成17年建築の4階建て木造2×4工法実験棟があり、あの東日本大震災(震度6以上)を経験しています。当然ですが、全半壊はありませんし、正確なデータも残っています。それらを生かして、わが日本も世界の流れに乗り遅れることなく、無理の無い確実な技術検証の基、2×4工法の高層化を実現して、不安なく高性能木造建築のすばらしさを世間の常識と言ってもらえるようにがんばっていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は受付いたしませんのでご注意ください。