リフォームスタイルReform Style

子供と暮らす、家族のためのリフォーム

親なら当然、のびのびと子供を育てたいもの。しかし、子供は心身ともに、日々成長していきます。多くの時間を過ごす住まいが、子供に与える影響は計り知れません。子供にとって、少しでもいい家作りをするには、どのようなことに心がければよいのでしょうか?

dummy02

家族が自然に集まる快適なリビング

living

まずは、家族が自然と集まる快適なリビングを作ることが先決。家族が孤立しないよう、「リビングを通らなければ各部屋に行けない仕様にする」、「吹き抜けにして、それぞれの部屋に接点を持たせる」等、リフォームの際に工夫してみましょう。その上で、子供との暮らし方を考えていくことが大切です。今回は、親と子供の両方が、豊かに暮らせる住まいのポイントをご紹介していきます。

kitchen対面式キッチンやアイランドキッチンで料理中も家族が見渡せる空間へ

小学生から本当に子供部屋は必要?

親御様の教育方針にもよりますが、子供が幼いときは特に子供部屋は設ける必要がないように思います。

tatamiリビングの一角をタタミスペースに勉強部屋も兼ねています